ゲームを考察

『ゲームを考察』では相互リンクを募集しています。
相互リンクご希望の方は、admin★o-mouke.com(★は@に書き換えてください)までメールにてご連絡願います。

相互リンクご希望に際しては当サイトへのリンクを事前にご掲載ください。
リンクの掲載が確認できない場合は、相互リンクを受け付けることが出来ません。

また公序良俗に反する内容を含むサイト様との相互リンクはご勘弁いただいていますことをご了承願います。

 

図解雑学 ゲーム理論

http://ec1.images-amazon.com/images/P/4816337458.09._SCMZZZZZZZ_.jpg 人気ランキング : 1,027位
定価 : ¥ 1,470
販売元 : ナツメ社
発売日 : 2004-08
発送可能時期:通常4〜6週間以内に発送
価格: ¥ 1,470
ルールを知る者は強い・・・・(;´Д`)ハァハァ

(;´Д`)ハァハァ ゲーム理論・・・すんげぇ面白い!!
この本はゲーム理論の内容を一般向けに分かりやすく説明したものです。ビューティフルマインドという映画がヒットをしたので、一般的にもゲーム理論という分野が何であるか そういう関心が高まっていると言ったうえで、この本が書かれた。
図と絵で 『図解』雑学である利点をフルに生かしている!!ゲーム理論とは 利害の一致しない2人のプレイヤー(選択者)が自分の利となるべく行動する・・・。
その状況をゲームにたとえ 数学によって単純化し、あらゆる場面を想定し 対処する。
それが魅力的かつ面白い。
デスノートという漫画がある。
あれはデスノートの一定の形式化されたルールを、利用して
目的(対戦相手に勝つ)達成を果たすものだ。
最適戦略の持つ効果の凄さを伝えている。
他にも、ハンターハンター、ジョジョなどの能力バトル漫画は
その典型であらう・・・?!
一定の法則が数多くの場面に生かす事、つまり汎用性のある
ゲーム理論を学ぶ事が ビジネスの場などにも
生かされる事を期待している。
いや、生かされなくとも、面白いので ゲーム理論を学ぶ価値はあると
思う。
是非とも読んでくれ。
そして、ゲーム理論が持つ その『力』を肌で感じてくれ。
この本によって そのゲーム理論の持つ『力』の片鱗を見たやうな気がしたぜ?!

ゲーム理論を学ぶ最初に読むべき一冊

大学の授業などで初めてゲーム理論に触れる時、最初に読むのに適している。
ゲーム理論の発祥からナッシュ均衡やインセンティブ契約、
オークション等基本的な部分、そして「完全に合理的ではない」人間を対象とした
最新のゲーム理論研究のさわりまで幅広く紹介している。
「図解雑学」にはいつも感心させられるが、見開き右の図によって、
本来難解な式を用いる理論などを視覚的に説明されており、体系的な理解にはうってつけの一冊である。

全部読めました

「ゲーム理論って何」からはじまり、いろいろなゲーム(同時ゲーム、相互ゲーム、繰り返しゲーム、不完備情報のゲームなど)と、とるべき戦略、入札、オークション、モラルハザードのなどの背後にある考え方(理論)、最後は最近の研究トピックまで説明してあります。
理論、考え方が、きちんと説明してある本でした。
文章もわかりやすかったですが、分野のためか、図解が効いてます。図を見て理解できた所が、かなりありました。
ゲーム理論の本、何冊か、途中で挫折しましたが、この本は、最後まで読みきることができました。ありがとうございました。

見開きでわかりやすくゲーム理論を解説

 帯に電車の中でも一気に読めるとある通り、数あるゲーム理論の入門書の中でもわかりやすく、とりあえずゲーム理論を知りたいという人にお薦めしたい。ゲーム理論の発展に寄与したジョン・ナッシュの半生を描いてアカデミー賞をとった『ビューティフル・マインド』の影響で「ナッシュの均衡」とか「囚人のジレンマ」などゲーム理論の考え方を手っ取り早く知ることができる。もっと学びたい人には、次に行くためのブックガイドもしっかりしている。またインターネットで注目されるようになったオークションの自動入札方式などもわかりやすくゲーム理論から解説されている。
  見開きで左ページに解説文章、右ページに図解となっているので、どのページからでも読むことができるのは入門書としてなかなか工夫されている。特に学問の専門領域に意欲的に踏み込んだ点は、出版社と著者を高く評価したい。